10,800円以上で
送料無料
モロッコ(フェズ・サフィ)陶器

モロッコ(フェズ・サフィ)陶器

モロッコの陶器の二大産地であるフェズとサフィの陶器をご紹介します。フェズはモロッコ北部の内陸都市で、古くから交易の街として栄えてきました。メディナ(旧市街)のスーク(市場)には、タジン鍋やお皿など様々な陶器が並び、地元の人々や観光客を楽しませています。なかでも「フェズブルー」と称される青が特徴的です。サフィは、モロッコの南西部、大西洋に面し古くから港町として栄えてきました。上質な土で作られる美しい色柄の陶器は、今なお伝統的手法が守られ、町の伝統工芸として多くの人々の生活の中に息づいています。モロッコ有数の工業都市として知られ、16世紀末から17世紀にかけてはモロッコ一の港町として栄えていました。なかでも陶工は古くから街の発展を支えおり、旧市街の北側にある陶器市場には80余りのの店が軒を連ねます。19世紀後半、旧市街の街を流れる川の沿岸でとれる上質な土を求め、北部のフェズから陶芸家が訪れ工房を開いたのが始まりと言われ、「フェズブルー」と称される美しい青色が特徴的なフェズの色遣いを引き継いで独自に発展してきたサフィの陶器は、青と白の組み合わせや赤青黄といった原色に近い色合いのデザインが特徴です。今なお2000人以上の職人が、手や足でこねた粘土をろくろで形成し、ハンドフリーで柄を描くという昔ながらの手法で伝統を守っています。

※オンラインショップお問い合わせ:049-241-6859
※土日はオンラインサイトはお電話が繋がりません。
店舗に電話を頂いても別部門のため対応ができません。
クレジット払いの未決済、メールのお問い合わせなど、
週末明けの月曜に必ず対応させて頂きます。

※川越店とオンラインショップの取り扱い商品は異なる場合がございます。
ご希望など、予めご連絡頂けますとスムーズです。

マンゴロベ川越店: Blog / map
〒350-0062 埼玉県川越市元町1-13-6 カサクラーラ元町1F 
定休日:火